欧米を中心にブームの火が付き、近年では日本国内でも注目が高まるCBD。
そのCBDには、様々な分野の精神安定において効果が期待できると言われています。

この記事ではCBDのリラックス効果や、そのリラックス効果を生むメカニズム、さらに具体的なCBD製品の扱い方などについて解説します。

この記事でわかること

・CBDの安全性
・CBDが精神安定に作用するメカニズム
・CBDのリラックス効果がもたらす様々な副産物、その他の効果
・CBD製品の摂取方法や適量・タイミング
・おすすめのCBD製品

そもそもCBDとは?安全なもの?

CBD

カンナビジオールの略称で、大麻草に含まれる「カンナビノイド」という100以上の種類がある植物由来成分の一種。
CBDによるリラックス効果や鎮痛効果、抗炎症作用などが期待されており、日本で特にポピュラーなCBDオイルは、そのCBDを抽出しオリーブ由来のオイルやココナッツオイルに配合した製品のことを指す。

精神活性作用のない安全なカンナビノイド

CBDには、精神活性作用や幻覚作用、依存性はありません
一方、同じ大麻由来のカンナビノイドの一種であるTHCは、精神活性作用・幻覚・依存性などを伴います。大麻の「違法薬物」としてのイメージを象徴しているのも、このTHCです。

THCは諸外国で違法薬物とされており、もちろん日本でも違法とされています。
一方CBDは、ハイになる精神作用は引き起こさないとされていて、WHO (世界保健機関) も危険性は確認されていないと認めており、日本でも合法なので安心して使用できます。

副作用はない

CBDには副作用はほとんどないとされています。

しかし、身体の外から体内にない物質を取り込む以上、どれだけ安全性が高い物質であってもどうしても副作用がないとは言い切れないのは事実です。

例えば、CBDにはリラックス効果が期待されているからと言って大量に摂取すると、眠気を伴う副作用があるので運転前等に摂取することはおすすめ出来ません。
他にも、医薬品との飲み合わせなども注意点があるため、必ず医師に相談してから摂取するよう気を付けましょう。

CBDに副作用や危険性はある?アレルギーや飲み合わせも解説

CBDが精神安定に作用するメカニズム

脳全体に存在する細胞の表面では、「5-HT1A」と呼ばれる受容体によって、神経伝達物質であるセロトニンの放出が制限されています。
しかしCBDは、その5-HT1A受容体に作用し、セロトニンの分泌を促進。その結果リラックス効果を生むとされています。

セロトニン

「しあわせホルモン」とも呼ばれ、感情や精神面、睡眠など人間の大切な機能に深く関係する三大神経伝達物質の1つ。

CBDは、それに加えてECSに作用することで、身体の様々な問題の解決を間接的に促します。

ECS(エンドカンナビノイドシステム)

人間が本来的に持っている体内環境調節機能のこと。

CB1(主に脳や神経細胞に分布)やCB2(主に免疫系に分布)と呼ばれるカンナビノイド受容体がそのシステムの一部を担っており、からだの様々な働きを促進しています。
CBDは5-HT1AやCB1受容体の活性化を促進することで、リフレッシュ・不安感の解消・攻撃性の抑制などに効果を発揮します。

CBDのリラックス効果がもたらす様々な副産物

CBDは以下のような様々な効果を果たしますが、依存性はありません。
利用者自らの意思で「必要に応じて」これらの効果を得ることができます。

ストレス緩和

リラックス効果によりセロトニンやドーパミンなどの神経伝達物質を刺激し、ストレス緩和や前向きな気持ちにしてくれます。

集中力向上

集中力は、脳内のドーパミンの蓄積量が大きく関わりますが、CBDによってドーパミンの代謝がコントロールされ、蓄積量増加と共に集中力も向上すると考えられています。

加えてドーパミンだけでなく、同じく脳内で生成される神経伝達物質であるアナンダミドの分解・代謝もコントロールします。
その結果、特にアスリートや芸術の世界などで言われる「ゾーンにはいった状態」を作りやすくします。

睡眠の質の改善

CBDには、自律神経を整え不安を取り除く効果が期待されています。
臨床CBDオイル協会等でも、不安感の解消に合わせて不眠改善もなされたという事例が報告されています。

寝る前にCBDを摂取することで、心地よい睡眠、また翌日目覚めがすっきりする等、睡眠の質をあげる効果が期待されています。

うつ緩和・不安の抑制・パニック障害の緩和

CBDによるセロトニン分泌の促進によって、抗うつ効果・不安の抑制・パニック障害の緩和が認められるとされています。

CBDに期待されるその他の効果ってどんなもの?

CBDには様々な効果が期待されており、ここでは特にストレス緩和に繋がるものをピックアップしてご紹介します。

偏頭痛の緩和

日本人の4人に1人が頭痛持ちと言われており、その中でもっとも多い「緊張型頭痛」

CBDには抗炎症作用があり、筋肉の緊張による悪化を予防するとされているので、頭痛の悩み解消のためにCBDを使用する人も多いようです。

炎症やアレルギーの改善

CBDは、抗炎症作用により皮膚の炎症を抑制するため、炎症やかゆみを伴うニキビやアレルギーの改善にも役立つとされています。

舌下摂取で身体の内側から摂取したり、他にも化粧水などに混ぜて外側からも炎症を抑えることができます。

PMSの改善

日本人女性の約8割が生理中の身体の不調を感じるとされています。

その中でも、「PMS」にCBDが効果的との研究が進んでおり、自律神経やホルモンバランスの調整、ストレス緩和や睡眠の質の向上などPMSを引き起こすとされている要因の抑制に役立ちます。

高血圧の改善

CBDには血圧を下げる効果もあります。

CBDの作用する受容体はECSに限らず、5-HT1A・アデノシン受容体・GABA受容体・AEAなど複数あり、それぞれ血圧を下げる機能を持っています。
ストレスによる血圧上昇に際し、CBDを摂取することは効果的であるといえます。

CBD製品の摂取方法や適量・タイミング

CBD製品の摂取方法は4つに分類されますが、その適切な摂取量は製品ごとに異なります。

摂取方法

経口摂取

口からCBDを摂取し飲み込む方法。

舌下摂取

舌を持ち上げ舌の下の粘膜へCBDを吸収させる摂取方法。

吸入摂取

VAPE(電子タバコ)などの吸引機でミスト(水蒸気)にして吸う方法。

局所摂取(経皮摂取)

かゆみや炎症など一部の症状を緩和させるため、直接皮膚に付ける方法。

摂取量

CBDの摂取量は、製品のタイプや摂取する人の体質、使用する目的などによって違いがあります。

摂取タイミング

摂取するタイミングも、用途や体調などのコンディションに合わせて設定しましょう。

例えば…

・寝起きがだるい睡眠時のリラックス → 就寝前の摂取
・仕事のストレス → 仕事の休憩中・終業後の摂取
・唐突な精神的症状 → その都度摂取

など、はじめは無理をせず慎重な摂取を心がけましょう。

CBDオイルの使用方法と使用上の注意点

おすすめのCBD製品をご紹介

CBD製品には様々なタイプがあります。
使用用途や生活スタイル・嗜好など踏まえて、あなたにとって最も良い製品をお選びください。
製品の一部をご紹介しましょう。

オイル

最もポピュラーな商品です。
舌下に垂らす経口タイプのものの他、肌に直接塗る・飲料に混ぜて飲むなど、種類も様々。

カプセル

オイルと同様に経口タイプですが、味やにおいが苦手という方向けに作られたカプセルタイプです。錠剤のように水と一緒に流し込んで飲みます。

グミ・飴などの食品タイプ

お菓子感覚で気軽に飽きずに楽しめるのが、食品タイプ。
継続して摂取するモチベーションも湧きやすく、人気も高まっています。

スキンケア

近年最もマーケットが拡大するCBD商品ジャンルの一つが、スキンケアです。
メーカー各社がその効果に着目しています。
基本的なオイルに留まらず、クリームやバーム、化粧水、リップグロス、ボディーソープ、入浴剤etc… 商品ラインナップは多岐に渡ります。

オイルだけじゃない!サプリやグミまで、豊富なCBD製品の種類

まとめ

いかがでしたか?
CBDのリラックス効果は精神安定に大きな作用をもたらします。
また、正しい製法で作られた製品は安全性に問題はなく合法です。
自身の体や心の健康の為に、日々の生活に安心してCBDを取り入れてみてはいかがでしょうか?